WORKS / 立ち喰い梅干し屋 東京ソラマチ店

WORKS / TACHIGUI UMEBOSHI YA

主要用途: 物販店舗

施工: イノウエインダストリイズ、ダイキアート、アイ工芸

クレジット: グラフィック:北田進吾(キタダデザイン)

所在?会場: 東京ソラマチ

延床面積: 25.1m2

設計期間: 2019.11-2020.02

施工期間: 2020.03

写真: 三嶋義秀

ウェブサイト: http://bamboo-cut.jp/

東京ソラマチにオープンする、「立ち喰い梅干し屋」初の実店舗の内装計画。全国の梅干しの中から厳選した梅干し数十種類を、お茶と一緒に立ち喰いスタイルで提供しながら、瓶詰めされた梅干しなども販売する。

カウンターを利用する客と商品を購入する客の動線を考慮し、奥にカウンター、通路に面する手前に商品什器を配置した。什器には染色したラワン積層合板を使い、形の異なる様々な要素に統一感を与えた。カウンターの上に生えるのは、本計画のために紀州の梅農家から伐採してきた梅の木。欄間や什器の取っ手など、随所に梅をモチーフとして取り入れることでブランドの専門性を表現した。また、間口左右に掲げられた暖簾、オリジナルのネオンサインなど、共用通路からのアイキャッチとなる要素を多く取り入れた。中央の商品什器の上にも、表情をカスタマイズ出来る梅干し顔のサインを設け、客とのコミュニケーションツールとして親しみを与えている。

雑貨店など賑やかな売場が集まる環境の中で、初めての実店舗としてブランドの認知を高めると共に、気軽に立ち寄りたくなるような空間を目指した。

Principle use: SHOP

Production: Inoueindustries, Daiki Art, AIKOUGEI

Credit: Graphic: Shingo Kitada (KITADA DESIGN)

Building site: TOKYO Solamachi

Total floor area: 25.1m2

Design period: 2019.11-2020.02

Construction period: 2020.03

Photo: Akihide Mishima

Website:http://bamboo-cut.jp/

Interior design for the first store of ”TACHIGUI UMEBOSHI YA”, which opens in Tokyo Solamachi. Ten types of Umeboshi (dried pickled plums) carefully selected from across Japan are served with a cup of tea in the standing bar, which also sells bottled Umeboshi.

Considering the flow lines of customers who enjoy food and tea at the bar and the ones who buy the products, we arranged the counter in the rear of the shop and the fixtures to face the aisle outside of the shop. Using the same tone of the dyed lauan plywood for the fixtures provides consistency to various elements of different shapes. The symbolic tree installed to the counter is a plum tree cut down from a plum farm in Wakayama Prefecture for this project. The plum motifs on Ranma (Japanese traditional transom) and grips of fixtures represent the expertise of the brand. The shop curtains which hang on both sides of the opening and the custom-made neon sign attracts the attention of people walking down the shared passage. The Umeboshi sign with a customizable face expression, set above the center fixture, is a communication tool to give a friendly impression.

In the bustling environment with many shops, we aimed to create this space as the first store for the brand to improve brand recognition, and as a casual spot to drop in.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看