WORKS / チェルフィッチュ「フリータイム」

WORKS / CHELFITSCH "FREETIME"

主要用途: 舞台美術

施工: 東京スタデオ

所在?会場: スーパー?デラックス

延床面積: 47.6m2

設計期間: 2007.11-2008.03

施工期間: 2008.03

会期: 2008.03.05-18

写真: 横田徹

ウェブサイト: http://chelfitsch.net/

岡田利規主宰の演劇ユニット、チェルフィッチュの新作公演 "フリータイム"の舞台美術を手がけることになった。六本木Super Deluxe を皮切りに、世界中を巡回していくことが想定された。

新作の舞台設定はファミレス。演劇においては、表象にどれだけ近づこうとしても完全にそれと同化することはできない。舞台美術においても同様で、ファミレスを表面的に真似ても、完全に再現することはできない。また、舞台設定に束縛され過ぎると、劇団のひとつの特徴でもある演者の多彩な動作を制限してしまう。舞台美術を背景以上の存在にするため、抽象化して実現することが求められた。

地面から550mmという高さに仮想の平面を想定し、どこにでもあるファミレスのイスとテーブルのセットをその高さで切断する。切断した面から上部だけが 残って、下半分はその平面に埋もれる。高さが奪われたイスとテーブルは本来の機能を失って、その形と記号性だけが残る。演者はその上に立って床から浮いているような状態になることで、イスを引いて座ったり、テーブルで食事をとったりといった日常的な行為から開放されて、切断された家具と新しい関係を築くことができる。

舞台美術が、ファミレスという環境を表象することはもちろん、演者の動作に幅を持たせるきっかけになることを意識した。そこに立つだけで演者が床からふわふわと浮かんで演じているような浮遊感のある光景が、人称が次々と入れ替わっていく "フリータイム" の独特な世界観を印象付ける。

Principle use: STAGE SET

Production: TOKYO STUDIO

Building site: Super Deluxe

Total floor area: 47.6m2

Design period: 2007.11-2008.03

Construction period: 2008.03

Duration: 2008.03.05-18

Photo: Toru Yokota

Website:http://chelfitsch.net/

We designed the set piece for the play Freetime, directed by Toshiki Okada and performed by the "chelfitsch" company at the Super Deluxe in Roppongi, before an anticipated world tour.

The action takes place in a family restaurant. However, just as drama strives to portray reality while only offering verisimilitude at most, the set in this play can only be expected to suggest the idea of a family restaurant. Keeping in mind that an elaborate set could hamper the troupe’s signature free-flowing movements, we opted for a more abstract decor by bringing the notion of set to a whole new level.

The base plane is set at the imaginary height of 550mm above ground, and only the top parts of chairs and tables remain visible while the rest is buried beneath it. The chair and the table on which one usually sits and eats no longer retain their original function but only their shape and symbolism remain. By standing on that imaginary level, as if hovering over the floor, the actors are free to establish a new relation to the dining set removed from conventional interactions.

Besides representing the idea of a family restaurant, our objective was to offer the actors a set piece that would prompt them to expand their corporeality. The seemingly levitating actors lend their environment a gentle floating-like sensation where their characters can roam freely, bringing the surreal world of Freetime to life.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看