WORKS / FREITAG Store Kyoto

WORKS / FREITAG Store Kyoto

主要用途: 物販店舗

施工: イシマル

クレジット: 照明計画協力:遠藤照明

所在?会場: 京都

延床面積: 97.5m2

設計期間: 2019.9-2019.11

施工期間: 2019.9-2019.12

写真: 阿野太一

ウェブサイト: http://www.freitag.ch

使用済みのトラックタープ(幌)、自転車のインナーチューブ、廃車のシートベルトを使った、色とりどりのメッセンジャーバッグやアクセサリーを展開するFREITAG(フライターグ)。同ブランドにとって国内4店舗目の直営店となる京都店の内外装計画を手掛けた。錦市場や目抜き通り近くに位置する同路面店の97m2のスペースに、1100点に及ぶ一点物のバッグを陳列する。
もともと構造の異なった二棟を、間に立つ外壁を撤去して一棟に改修した建物をリノベーションしている。既存の腰壁とシャッターを撤去して間口いっぱいのガラス面にしたファサードが、通りと店舗の間をオープンに繋ぐ。内部は隣接するRC造と鉄骨造を活かした構造あらわしのスケルトン状態で、中央に林立するRC柱と鉄骨柱をそのまま残している。
荒々しい柱と梁で構成されたRC造の空間には、ラバー天板の作業台のような大きな島什器と、FREITAGオリジナルシステム什器であるV100を並べ、クリーンな印象を持たせた。 島什器の上には、ペンダントライトから反射板によって拡散された均一な光が届き、商品を置いてじっくり見定めることができる。
一方、鉄骨造の空間には、ストックルームやポスカウンターなどの機能を備えた他、設備スペースになっていた半外部空間まで取り込み、オリジナルアイテムを製作できる、日本初のDIYワークステーションを設置。木毛セメント板で仕上げられたストックルームの壁面に取り付けられたシステム什器で、多用なビジュアルディスプレイを展開することができる。

駐車場側の壁面に実物大で描かれた、高速道路を走るトラックが、ブランドの本拠地であるチューリッヒのインダストリアルな物流拠点をイメージした店舗を象徴する。二つの異なる構造形式がぶつかり合う既存躯体の特異な状況を、空間の特長として活かしながら、FREITAGのクリエイティビティを体現するような空間を目指した。

Principle use: SHOP

Production: ISHIMARU

Credit: Lightings :ENDO-Lighting

Building site: Kyoto

Total floor area: 97.5m2

Design period: 2019.9-2019.11

Construction period: 2019.9-2019.12

Photo: Daici Ano, TORAFU ARCHITECTS

Website:http://www.freitag.ch

FREITAG, a brand selling colorful messenger bags and accessories made from recycled truck tarpaulins, bicycle inner tubes, and used car seat belts. This interior and exterior design project is for the Kyoto store, the fourth directly managed FREITAG store in Japan. The 97 m2 of the store on the street near Nishiki Market and the main street displays 1,100 one-of-a-kind items.
At the start of this project, the first floor of the building was renovated. It has been originally two buildings with different structures, and these were combined after removing the exterior wall. The existing spandrel wall and shutter were removed, so that the glass facade opens fully toward the storefront and enhances the connection between the street and inside. Inside of the store revealed the bare structure of each adjacent reinforced-concrete (RC) and steel skeleton with the remaining RC columns and steel columns standing closely in the center. The island fixtures such as a large workbench type with rubber top, and V100, FREITAG's original system define a clean RC space constructed with rough columns and beams. The pendant light delivers enough even light which is diffused by reflectors to the top of the island fixtures, where items can be examined thoroughly.
Some functions such as a stockroom and a POS counter are located in the steel structure section with a semi-outdoor workspace. The first DIY workstation in Japan installed in the workspace provides opportunities to make original items. The system fixture fixed on the stockroom wall covered with the wood wool cement board enables multiple patterns of visual display for the items.

The full-sized truck running on a highway, drawn on the wall facing the parking lot, symbolizes the store image as an industrial distribution center in Zurich, FREITAG’s base. Through interpreting the conflict between two different structures to the distinct advantages of the existing building, we aimed to create the space representing FREITAG's creativity.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看