WORKS / エルメス 2017A/W ウィンドウディスプレイ

WORKS / Hermès Autumn-Winter 2017 Window Display

主要用途: ディスプレイデザイン

所在?会場: 全国10店舗にて

設計期間: 2017.4-2017.7

会期: 2017.07-2017.10

写真: Nacása& Partners Inc./ Courtesy of Hermès Japon

全国10店舗で展開する、エルメスのウィンドウディスプレイ。 2017年のエルメスの年間テーマである「Object Sense (オブジェに宿るもの)」をコンセプトに、商品とオブジェとが新しい関係性を築くことを目指す。 エルメスが展開する、様々なタイプの商品のシルエットを縁取るように形作るオブジェを提案した。半透明のカラーパネルによる抽象的な図形の中に、商品の具象的な形が紛れ込んだ、ステンドグラスのようなシェルフとなっている。 背景には、フレームのパターンから派生した模様が、彩度の低い季節感のある色使いで表現されている。商品は自分の居所を与えられ、フレームに寄り添ってディスプレイされる。 聖書に登場するシーンを表現し、ひとつひとつのパターンがストーリー性を持つものとして、教会建築に使われてきたステンドグラスに注目し、エルメスの商品が、「Object Sense 」というテーマあるいはストーリーの中で編纂されていくように、それぞれのウインドウを眺めていくと、エルメスのコレクションの世界観に引き込まれるようなウインドウに仕上げた。

Principle use: Display design

Site area: 10 locations nation-wide

Design period: 2017.4-2017.07

Duration: 2017.07-2017.10

Photo: Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Hermès Japon

We created a window display for Hermès to be deployed at 10 locations nation-wide under the brand's theme for the year 2017: "Object Sense," where we sought to establish a new relationship between product and object. We proposed objects that outline the silhouettes of various types of goods carried by Hermès. The result is a display similar to stained glass, where shelves prop up the concrete form of products inside abstract forms made using translucent color panels. Geometric designs inspired by the patterns found in the frames are echoed in the background using a low saturation seasonal palette. Nestled in the frame, products are given their own place and displayed. Stained glass is a technique used in church architecture to depict scenes from the Bible and whereby each glass pattern possesses narrative capabilities. By focusing on this technique, we sought to create a set of window displays that will weave Hermès products into the story and the theme of "Object Sense," while drawing the clients into the outlook put forward by the brand's collection as they peer through each window.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看