WORKS / Hirotaka 丸の内店

WORKS / Hirotaka Marunouchi

主要用途: 物販店舗

施工: D.BRAIN

クレジット: 照明計画:BRANCH lighting design

所在?会場: 東京 丸の内パークビル

延床面積: 65m2

設計期間: 2019.3-2019.8

施工期間: 2019.8-2019.10

写真: 太田拓実

ウェブサイト: https://hiro-taka.com/

ジュエリーブランド「Hirotaka(ヒロタカ)」の本店、丸の内店の内装計画。動植物の多様な美しさや魅力のつまった”ナイトミュージアム”をテーマにした65m2のスペースでは、様々なディスプレイが展開できるだけでなく、ジュエリーのデザインにインスピレーションを与える、楽しさや驚きが感じられる空間が求められた。

丸の内パークビルの外壁の柱型が、天井高4mの矩形の内部空間まで連続し、室内的なスケール感を超えて、屋外的な感覚を引き起こす。そこで、この空間をミュージアムの中庭に見立てて、床はジャワ鉄平石を庭石のように敷き詰めた墨モルタル、壁は外壁を思わせるテクスチャ感のある仕上げとし、什器は経年変化の感じられる黒皮鉄を採用した。
中央のショーケースは、両サイドの柱型に設置されたミラーによって反復され、その奥へ視線が引き込まれるような感覚を生む。このショーケースの上部は外からのアイキャッチとなるディスプレイスペースにもなり、今回のオープニングでは、Hirotakaオリジナルデザインの空気の器を製作し展示した。
壁面に並んだ標本箱を思わせる大小様々なショーケースは、多様なディスプレイを可能にし、宝探しのようにジュエリーを発見する楽しみをもたらす。

エントランスには、同ブランドのインスピレーション源である動植物の優美に伸びた花芯や角、触覚を彷彿させるペンダント照明が、来店者を出迎える。
ミュージアムの中庭や小部屋を散策するように、Hirotakaの世界観を体験することのできる空間を目指した。

Principle use: SHOP

Production: D.BRAIN

Credit: Lighting design: BRANCH lighting design

Building site: Marunouchi Park Building, Tokyo

Total floor area: 65m2

Design period: 2019.3-2019.8

Construction period: 2019.8-2019.10

Photo: Takumi Ota

Website:https://hiro-taka.com/

Interior design for Marunouchi main store of the jewelry brand, Hirotaka. The 65 ㎡ of the store space, whose theme is “a night museum” with diverse beauty and charms of animals and plants, enables deployment of the various displays. In addition to its multi-functional space, it should be a place where visitors can experience the fun and surprising which inspire jewelry designs.

The column shape seen on the exterior walls of Marunouchi Park Building repeatedly appears inside the rectangular space whose ceiling is 4m-high, going beyond its inside scale and evoking a sense of outside. This space is likened as an inner court in the museum: the floor is made with charcoal mortar paved with Java pyroxene andesite like garden stones, the inside wall is texture-finished like an exterior wall, and the fixtures are made of black oxide coated steel, which changes the expression due to aging.
The mirrors attached to the column shapes on both sides reflect the showcase in the center, attracting viewers’ attention to the deep inside of the mirrors. The upper area of the showcase turns into a display space, where Hirotaka original airvases were exhibited for the shop opening.
The variety and size of showcases on the wall contributes to multiple displays, providing fun to discover jewelry as like treasure hunting.

In the entrance, the pendant illumination, which is reminiscent of the central part of a flower, an animal’s horn or an insect’s feeler stretches gracefully, welcoming visitors.
We aimed to create a space where visitors experience the Hirotaka world as through walking around the court and small chambers in a museum.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看