WORKS / くらしとあかり展

WORKS / EXHIBITION LIFE AND LIGHTING

主要用途: 展覧会作品

設備設計: スパンコール(照明)

施工: イノウエインダストリィズ

クレジット: 企画:真壁智治(M?T?VISIONS)

所在?会場: 遠藤照明青山ショールーム5F

延床面積: 117m2

設計期間: 2007.08-11

施工期間: 2007.11.03

会期: 2007.11.05-09

写真: スタジオドアーズ

「留守番する光」
日中と夜間両方に関係するあかりのありかたを考えた。蓄光塗料が塗られたテーブル面や座面は、日中に太陽光を集め、帰宅時の真っ暗な部屋の中で発光する。テーブルの上は、昼夜で見え方が反転する。モノの背景となっていたテーブル面や座面は、暗闇の中で発光し、乗っている花瓶や、皿が置かれた部分が一転、暗闇と同化する影となって現れる。

帰宅時に、帰ってきた主を家に迎え入れるようなあかりを提案する。

Principle use: ART WORK

Facility design: Spangle (Lightings)

Production: INOUE INDUSTRIES

Building site: ENDO Lighting Aoyama showroom 5F

Total floor area: 117m2

Design period: 2007.08-11

Construction period: 2007.11.03

Duration: 2007.11.05-09

Photo: Studio Doors

The House-Watching Lights
For this project, we reflected on the nature of lighting and its relationship to both day and nighttimes. The table and chair tops coated in luminous paint absorb the sunrays during the day and glow in the dark at night, providing us with contrasting scenery between the time we leave and return home. Objects such as dishes or a flower vase cast a shadow against the glowing background becoming one with the ambient darkness. The lighting suggests beckoning lights welcoming the dweller into his house.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看