WORKS / min? perhonen + musubi ちょうむすび

WORKS / min? perhonen + musubi chou musubi

主要用途: 展示ブース

施工: 東京スタデオ

所在?会場: スパイラル エントランス?ショーケース

延床面積: 20.3m2

設計期間: 2013.08-10

施工期間: 2013.10.25,27

会期: 2013.10.26-11.04

写真: 吉次史成

ウェブサイト: http://www.mina-perhonen.jp/

販売店: http://www.ymds.co.jp/

東京?青山のスパイラル1Fエントランスとショーケースで行われた、10日間限定のポップアップショップ「min? perhonen + musubi ちょうむすび」の空間構成。ファッションブランドmin? perhonenと京都の風呂敷専門メーカー、むす美とのコラボレーション企画で、東京でのショップ空間を手掛けることとなった。

長年包む布として親しまれてきた風呂敷。包むだけではなく、バッグやスカーフなど日々の装いに花を添えるアイテムとして、多彩な形態と色彩豊かな風呂敷が店内に展開する。新商品のために新たにデザインされたパターンモチーフが壁面やガラス面にちりばめられ、その世界に商品が同化するようなイメージで計画した。

風呂敷そのものの軽さを表現するため、天井からのハンギングによる展示とし、空間に強弱をつけている。柱面では、包み方のバリエーションの豊富さをグラフィックと実物の両方で示し、平面から立体が起き上がったように見える。店内には包み方を試すためのワークショップスペースも用意した。什器は巡回を想定して、簡単に組立、分解ができるように考慮している。

解けば平面になる風呂敷の軽さと、変幻自在な特性とを、空間として体験できるような場を目指した。

Principle use: DISPLAY BOOTH

Production: TOKYO STUDIO

Building site: SPIRAL "Entrance" "Showcase

Total floor area: 20.3m2

Design period: 2013.08-10

Construction period: 2013.10.25,27

Duration: 2013.10.26-11.0

Photo: Fuminari Yoshitsugu

Website:http://www.mina-perhonen.jp/

Shop:http://www.ymds.co.jp/

“min? perhonen + musubi” space was completed as 10 days limited pop-up shop at Spiral 1F entrance and showcase in Aoyama, Tokyo. The exhibitions were a collaboration of the clothing brand min? perhonen and furoshiki (Japanese wrapping cloth) maker, Musubi, in Kyoto.

Furoshiki, which has been loved and rooted to our daily life, not only as a wrapping cloth, but also as a fashion item by changing its form as a scarf or a handbag, were hung all over in the shop in different colors and shapes.
New furoshiki pattern motif for upcoming products were scattered on walls and glass surfaces. We attempted to synchronize the atmosphere of the space with the products.

In order to show the lightness of furoshiki, they were hung from the ceiling to create different accents in the space. On the column surfaces, we showed various ways of wrapping by utilizing both graphic and actual products. This gives illusion between two dimensions and three dimensions. There was also a workshop space where you can practice and experiment the ways to wrap. We also considered the store fixtures to be easily constructed and deconstructed when it goes around other places.

Our aim was to create a space where you can experience the lightness of furoshiki as it unfolds, thereby ever-changing the characteristics in its shape.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看