WORKS / MIZUITO

WORKS / MIZUITO

主要用途: 展覧会作品

施工: トラフ建築設計事務所

所在?会場: とたんギャラリー

設計期間: 2006.10

施工期間: 2006.11

会期: 2006.11.12-11.26

写真: 望月研

建築家?前川國男が設計した阿佐ヶ谷住宅テラスハウスを、取り壊しが予定されている来春までの間、ギャラリーとして使用するアートプロジェクトに参加し、水糸(みずいと)による空間インスタレーションを行った。水糸が延々と続いて床面に描く線画は、訪れた人の軌跡のようであり、その軌跡が形を持って現れる。その形は人が訪れるたびに絶えず変化し、固定した形をもたない、流動的な存在となる。細く弱い存在でありながら、周りの風景とのコントラストで強く浮かび上がる水糸のラインは、この場所が持つ記憶など、別の視点を提供する。水糸の長さは17520m。阿佐ヶ谷住宅の48年間を1日1mとして換算した長さである。

水糸:建設現場の墨出しなどで水平や通り心を示すのに使う糸。

Principle use: ART WORK

Production: TORAFU ARCHITECTS

Building site: TOTAN GALLERY

Design period: 2006.10

Construction period: 2006.11

Duration: 2006.11.12-11.26

Photo: Ken Mochizuki

We participated in the art project held in a temporary gallery. This gallery was originally an Asagaya Jutaku housing complex designed by an architect Kunio Maekawa, and is planned to be taken down next spring. We gave an installation using "mizuito". Mizuito is a thread to measure a horizontal level or a base line of construction sites. The outline that mizuito draws while it drags on the floor is just like a locus of a visitor. The outline changes its shape every time a different visitor comes in and it has no fixed shape. Thin and weak as it is, this thread offers by being silhouetted against the scenery such things as memories that this place embraces. The length of mizuito is 17520 meters. This means 17520 days' (48 years') history of Asagaya Jutaku housing complex.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看