WORKS / おうちで!絵本ミュージアム2020

WORKS / At Home! Ehon Museum 2020

主要用途: Webサイト

クレジット: 制作チーム:プラプラックス、齋藤雄介、勝目祐一郎(かちどき)、中村至男、みんなのダンボールマン(d_l_b)、森紗和子、子ども文化コミュニティ /主催:福岡アジア美術館、西日本新聞社、TNCテレビ西日本、NPO法人子ども文化コミュニティ

設計期間: 2020.04-2020.08

ウェブサイト: https://kodomo-abc.org/ouchi-ehonmuseum/

2019年に会場構成計画を担当した「おいでよ!絵本ミュージアム」が、今年はオンライン上で「おうちで!絵本ミュージアム2020」として開催される。おうちからでも絵本や物語の世界を楽しんでもらえるよう企画された本ウェブサイトに、制作チームメンバーとして企画?制作に携わった。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、美術館での展覧会は中止となってしまったが、絵本ミュージアムが大切にしてきた、みんなでいっしょにつくる参加体験型コンテンツや、今年の展覧会に登場予定だった作品の一部が楽しめる。

「おいでよ!絵本ミュージアム」同様、「おうちで!絵本ミュージアム2020」も観て楽しい、知って楽しい体験ができるような、ウェブサイトを目指した。

Principle use: Website

Credit: Production Team: plaplax, Yusuke Saito, Yuichiro Katsume(Kachidoki), Norio Nakamura, danboard-man(d_l_b), Sawako Mori, Community of the Culture with and for Children /Organized by :The Fukuoka Asian Art Museum, The Nishinippon Shimbun, Television Nishinippon Corporation, Community of the Culture with and for Children

Website:https://kodomo-abc.org/ouchi-ehonmuseum/

“Welcome! Ehon Museum”, whose venue layout we designed in 2019, launched its online website “At Home! Ehon Museum 2020”. We joined the production team for planning and production, to build the website aimed for children to enjoy the world of Ehon (picture books) and stories at home.

Even though the regular exhibition at the art museum was canceled to prevent the spread of COVID-19, the website features interactive and experience-based contents, which Ehon Museum has been focused on, and some of the exhibition projects which had been planned to be exhibited in this year’s exhibition.

”At Home! Ehon Museum 2020" also aims to be a website where children can enjoy experiences such as browsing and exploring contents, in the same way as “Welcome! Ehon Museum”.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看