WORKS / SPEEDSHOP TYPE ONE

WORKS / SPEEDSHOP TYPE ONE

主要用途: 自動車整備工場

施工: イシマル/三楽建設

所在?会場: 東京 荻窪

延床面積: 458.98m2

設計期間: 2012.07-09

施工期間: 2012.09-10

写真: 太田拓実

ウェブサイト: http://www.typeone.jp/

Honda社の車両を専門に扱う自動車整備工場の改修計画。

整備工場でありながら、来客に対して、見せる工場としても機能することが求められた。整備のための機能性を重視し、必要な要素と不必要な要素を徹底して整理することで、作業空間を最大限にとる計画としている。

整備に必要なアイテムであると同時に、工場のアイコンともなるような、グレーの2柱リフト、アルミの部品、工具のワゴンといったマテリアルや表情を、内装計画の要素として取り込むことにした。 トップライトに施されたアルミの天蓋や台車のついたカウンター、ラフな質感をもった木毛セメント板の壁面などを新設しているが、もともとあった要素と同列に扱うよう配慮している。

古いものと新しいものが混在する空間を、彩度を落としたカラー、共通したマテリアルでトーンを整理することにより、整備工場に置かれる車単体を際立たせる計画とした。

リフトアップされた車やむき出しのエンジン、工具のある工場の風景が、機能的であると同時に、PRできる場としても洗練されて見える空間を目指した。

Principle use: Vehicle repair shop / factory

Production: Ishimaru / Sanraku

Building site: Ogikubo, Tokyo

Total floor area: 458.98㎡

Design period: 2012.07-09

Construction period: 2012.09-10

Photo: Takumi Ota

Website:http://www.typeone.jp/

We designed the renovation of a body shop specializing in Honda vehicles that would function as a repair shop as well as a display floor for visitors.

The design calls for maximizing the working area by thoroughly sorting out essential and non-essential elements with a focus on servicing functionality.

As elements of the interior design plan, we adopted material and expressive items that are both essential and emblematic to a repair shop, such as gray two-post car lifts, aluminum fittings and tool wagons. Care was given to treat elements that were originally present the same way as new ones, including the aluminum canopy hanging from the top lights, push carts and the rough-feeling cemented excelsior board walls.

The design highlights the vehicles on display in the repair shop by using desaturated colors and common materials to adjust the tone of the space where the old blends with the new.

The picture of a shop with cars on lifts, exposed engines and tools is aimed at creating a functional yet slick-looking space that can serve as a promotional area.

最新最全最快更新的影视网-全网免费-小影视频在线观看